えきふの夢

アニメ・マンガ・ゲームの感想や萌え語りを書いたりしてます。

まいっちんぐマイセン

ゼスティリアまだクリアしてません!!!(´∀`)

テレビアニメ化も発表されてしまったというのにな!!!!(おめでとうございます)

でももうアルトリウスの玉座の最深部まで来てます!
今は引き返してサブイベ消化・スキル集めに励んでいるところです。
スキルは、ミクリオでSC列ユニオンと水エルム7を目指して、
とりあえずアロダイトの森で難易度ハードにしてモンスター狩りまくって加護レベル上げまくって
ドロップ粘りまくってるんですが、なかなか都合よく集まらない…(´Д`;)

さてシナリオについて。

ミクリオがミューズさんと再会する場面はね……尊かったね……(´;ω;`)

自分が息子だって伝えても良かったのに…!!
でも、ミューズさんはたとえ子と永遠に別れる事になっても
カムランの穢れを一人で食い止めようって決めたんだよな…。
その覚悟に水を差すような真似(水の天族なだけに)をしたくなかったんだろうね…。
「我が子と二度と会わない事」がミューズさんの制約の力なわけだしね…。
ミューズさんの想いを無駄にしない事が、ミクリオにできる精一杯の事なんだよね…。

とりあえず「ミューズの杖」は永遠に固定装備決定だよね……。

さて、このカムランに突入するイベントの前にはルナールとの決着もあったわけですが…。

ルナールとの決着が付くまでは言うまいと我慢してたことを言うとですね…。

みんなさぁ……マイセンの事すっかり忘れてるよね…???(´・ω・`)

イズチがヘルダルフの手引きで襲撃された時、
みんな「これはスレイに対する嫌がらせだ!」「スレイの大切なものを蹂躙して穢れさせたいんだ!」って
今始まった事のように騒いでたけどさ……

いや…そもそも冒険が始まる前に蹂躙されたあげくもぐもぐされてたよね??
スレイの大切な「家族」の一人がさ……????


ルナールと決着をつける事っていうのがロゼだけの問題として終わってしまったのが残念でした。
絶対にスレイにとっても問題であったはずなのに。
だってスレイはマイセンが殺された直後ルナールに対して「お前を許すわけにはいかない!!」って
怒りを露わしてて、それは間違いなく穢れに繋がる感情なわけで。
その感情をスレイが導師としてどうするのかっていうのを見たかったんだけどなぁ~…。
そこドラマにしてどうとでも盛り上げられたじゃん…??
なんっっっっにも触れないっつーのはなぁ…まいっちゃうぜこりゃ…。まいっちんぐ…。

それ以前に、ロゼの問題としても消化不良なんだよなぁ。
ロゼに毒を吐いて死んだルナールに風の骨のみんなが「ルナールがそんな事思ってたなんて…」って
意外そうにしてたけど、そもそもルナールが元々ギルドのみんなとどういう人間関係だったのか
わからないので、ロゼがルナールとの何に決着を付けたのかがよくわからない…。
最初は無害な奴だったのかな?って匂わせるような台詞がサブイベにあったっちゃあったけど…。
でもそれを考えてもやっぱりこっちからすればルナールなんて
のっけからマイセンもぐもぐしてるヤバイ奴にしか映ってないから、
「何でもっと早く始末しなかったの?」
「だいたい何でそんな奴『家族』として今まで受け入れてたの?」
って疑問ばかりが沸いてくる。そして特に説明はないという。
風の骨関連のサブイベやればなんかあるかなぁ?

そしてロゼ達風の骨が、ルナールが関係ない人(マイセン)を殺した事(=矜持に反する殺しが行われた事)
をどう思っているのかわからないどころか、そもそもその事実を
知ってるのかどうかすらわからないっていうのがすごくモヤモヤするよぉ…。

こんなに放置されるんだったらマイセンが殺されるくだりいらなかったんじゃね…?
スレイ(とミクリオ)も家族同然の人の死を忘れてる薄情者に見えるし
風の骨もコンプライアンス違反で矜持に傷が付くし…。

私って、アニメとかマンガ見る時もそうなんだけど話の流れそのものよりも
キャラクターの心を楽しむのが好きだから、こうやって心情描写が放置されて
人物が何を考えてるのかわからなくなって感情移入できなくなるのが一番堪えるんだよなぁ~…(´V`;)